最強!海外FX業者の最強!KIWAMI極口座の特徴

「最強!海外FX業者の最強!KIWAMI極口座の特徴」のアイキャッチ画像

XMでは、2022年10月からKIWAMI極口座という新たな口座タイプが登場して全部で4つの口座から選べるようになりました。

XMの問題であったスプレッドの狭さを解決できる口座として、登場から人気を集めている口座です。

そこで、今回はKIWAMI極口座と他の口座の違いや、KIWAMI極口座がおすすめな人の特徴を解説していきます。

XM KIWAMI極口座と他口座との違い

XMのKIWAMI極口座と他口座の違いを、以下の表で確認していきましょう。

KIWAMI極口座 スタンダード口座         マイクロ口座            ゼロ口座
取引コスト
(取引手数料を含む)
0.6pips~ 1.6pips~ 1.6pips~ 1.0pips~
口座開設ボーナス
入金ボーナス × ×
レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍 500倍
スワップ 発生しない 発生する 発生する 発生する
1ロットの通貨量 100,000通貨 100,000通貨 1,000通貨 100,000通貨
XMポイント × ×

XMの口座タイプは、KIWAMI極口座・スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の4種類があります。

それぞれの口座によって取引条件や特徴が異なるので、具体的に解説していきます。

KIWAMI極口座:取引手数料が最も低くコストを抑えて取引できる口座

KIWAMI極口座の最大の特徴は、スプレッドが狭くコストを抑えて取引できることです。

もともとXMは安全性の高さや日本語に完全対応していることから人気でしたが、サービス面を充実するあまりスプレッドが広いというデメリットを懸念する人もいました。

しかし、2022年10月にKIWAMI極口座が導入されてからは、最大のデメリット「スプレッドの広さ」が大幅に改善されたことで、さらに人気に火が付いたのです。

今後、あまりの人気に新規口座受付停止をSNSで噂されることもあるので、口座開設したい人は早めに利用することをおすすめします。

スタンダード口座:XMで最も人気が高い万能口座

スタンダード口座は、XM利用者の約80%が利用している最も人気が高い口座です。

初心者や口座選びに迷った人はまずスタンダード口座を利用するというほどで、すべてのボーナスやサービスを利用できるのでXMに慣れたい人におすすめです。
スタンダード口座とKIWAMI極口座の違いは、取引コストとボーナスの有無が挙げられます。

スタンダード口座はスワップポイントがかからない、入金ボーナスを利用できるというメリットはある一方、スプレッドがKIWAMI極口座の2倍以上あります。

そのため、コストを抑えたい人はKIWAMI極口座、ボーナスを活用したい人はスタンダード口座がおすすめです。

マイクロ口座:10通貨と少額から取引できる口座

マイクロ口座は最小10通貨から取引が可能なので、少額取引したい人におすすめな口座です。

取引量以外の条件はスタンダード口座と変わらないので、「デモトレードの延長」で練習用としての利用としても使えます。

マイクロ口座とKIWAMI極口座の違いは、基本的にスタンダード口座と一緒ですが1ロットの価値が100分の1(1ロット=1,000通貨)ということが挙げられます。

そのため、マイクロ口座は少額取引の目的以外ならKIWAMI極口座のほうがおすすめです。

ゼロ口座:透明性の高いECN方式が利用できる口座

ゼロ口座は、透明性の高いECN方式が利用できるのがメリットの口座です。

基本的にはKIWAMI極口座と同様に手数料が低いのが特徴ですが、スプレッドに取引手数料が1.0pips乗っかるのが特徴と言えます。
そのため、KIWAMI極口座と比べると、スプレッドの低さはKIWAMI極口座のほうが低くなることが多いです。

ゼロ口座は、基本的にはECN環境を好むベテラントレーダーや大口ユーザーに好まれて利用されています。

XM KIWAMI極口座のメリット

では、KIWAMI極口座のメリットについて具体的に見ていきましょう。

すべての口座タイプの中で最もスプレッドが狭い

KIWAMI極口座は、4つある口座タイプの中で最もコストを抑えて利用できるのが最大の魅力です。

KIWAMI極口座は狭いスプレッドに加えて取引手数料もかからないことから、2022年10月登場から大きな人気を集めています。

ゼロ口座も見た目上は狭いスプレッドで提供されていますが、1ロットの取引につき往復で10ドル(1.0pips)の手数料が発生するので、実質的にKIWAMI極口座が最もスプレッドが狭く利用できます。

とくに取引回数が多いスキャルピングを利用したい人にとっては魅力的な選択肢と言えるでしょう。

メジャー通貨ペア・貴金属はスワップフリー

KIWAMI極口座のメリットとして、「メジャー通貨ペア」「貴金属」はスワップフリーなのも挙げられます。

以前はXMのどの口座タイプでもスワップ(金利)が発生しており、ポジション保有時間が長くなるとマイナススワップの支払いが必要となることがありました。

しかし、KIWAMI極口座は、メジャー通貨ペアや貴金属ペアのスワップがかかりません。

そのため、ポジションを長く保有するスイングトレーダーにとっても使いやすい口座と言えるでしょう。

KIWAMI極口座のデメリット・注意点

KIWAMI極口座はスプレッドの狭さから人気の口座ですが、デメリットが全くないわけではありません。

入金ボーナス・XMポイントの付与対象外

KIWAMI極口座は、入金ボーナスやXMポイント(XMの独自キャッシュバックサービス)の対象外となっています。

XMポイントは、1ロットあたり500円~1,000円分のボーナスが貯まっていく仕組みのことです。

ただし新規口座開設ボーナス(13,000円)は利用できるうえ、XMポイントをもらうよりスプレッドの狭いKIWAMI極口座のほうがお得になります。

そのため、極端に利用できる資金が少なくてボーナスを利用したい人以外は、KIWAMI極口座のほうが恩恵が大きいと言えるでしょう。

プラススワップがもらえない

KIWAMI極口座は、マイナス・プラスを含めてスワップフリーなので、スワップポイントを稼ぎたい人には向きません。

とくにスワップポイントで稼ぐ手法で中長期保有したい人にとって、スワップポイントで稼ぐことも損失も出ないことは理解しておく必要があります。

ポジションを長く保有する人にとってはスワップフリーなのはプラスに働くことが多いので、自分の用途や取引手法によって使い分けることをおすすめします。

KIWAMI極口座が向いているトレーダーの特徴

最後に、これまで紹介してきた情報をもとにKIWAMI極口座が向いているトレーダーの特徴をまとめます。

  • スキャルピングメインで取引したい人
  • スイングトレーダー
  • 取引コストを最小限に抑えたい人

もともとKIWAMI極口座が作られた理由として、XMがスキャルピングに向いていないFX業者と言われていたことが理由として挙げられます。

数秒から数分と短い単位でエントリーと決済を繰り返すことから、1回あたりの取引コストが多かったXMは利用しにくい業者でした。

そこで取引コストを抑えた口座を作ることで、スキャルピングに向いている業者として人気を集めました。

また、スワップフリーという特徴からスイングトレーダーにもおすすめな口座と言えます。

数日から数か月ポジションを長く保有するため、マイナススワップが収益に大きく影響しています。

しかし、KIWAMI極口座ならスワップフリーなので、価格変動のみが収益に直結するのでわかりやすく利用しやすい口座と言えるでしょう。

KIWAMI極口座はスキャルピング、スイングトレーダーにおすすめ:まとめ

KIWAMI極口座は、スプレッドの狭さ・スワップフリーという特徴からスキャルピング、スイングトレーダーにおすすめな口座です。

一方で、入金ボーナスやXMポイントの対象外ということもあり、資金が少ないトレーダーには向いていません。

XMには4つの口座タイプがあるので、取引手法や資金によって口座タイプを使い分けるのがおすすめです。

取引コストを抑えたい人には、最もおすすめなKIWAMI極口座のメリットを活かして、取引を有効に進めてみてはいかがでしょうか。