XM Trading口座開設の注意点

「XM Trading口座開設の注意点」のアイキャッチ画像

XM Tradingの口座開設は、無料で約5分あれば簡単に登録が完了します。
必要なのも身分証明書と住所確認書類の2つのみで、オンライン上でアップロードするだけなので難しい操作はありません。

しかし、口座開設をするときには事前に確認しておきたい注意点があります。
後から修正できないこともあるので、あらかじめ理解し後悔しないようにしましょう。

そこで、今回はXM Tradingの口座開設で必要な条件や注意点、口座開設の流れまで具体的に解説します。

XM Tradingの口座開設に必要な条件

まず、XM Tradingの口座開設をするのに必要な3つの条件を確認しましょう。

  • 18歳以上であること
  • 日本に居住していること
  • 身分証明書と住所確認書類を提出できること

3つの条件をクリアすれば、誰でもパソコン・スマホから口座開設をしてトレードが可能です。

18歳以上で必要書類が準備できれば、学生や無職など関係なく利用できます。
また、必要書類は身分証明証・住所確認書類の2つを提出の必要がありますが、学生証やマイナンバー通知カードは利用できないので注意が必要です。

XM Tradingの口座開設の注意点

XM Tradingの口座開設の注意点を整理しておきましょう。

XM Tradingで登録できるのは一人につきメールアドレス1つのみ

XM Tradingでは「1人に対して1メールアドレス&1アカウントのみ」作成が可能です。

登録したメールアドレスはシステム障害などの重要ニュースが届くこともあるので、確認しやすいGmailなどを利用するのがおすすめです。

なお、キャリア(docom/au/softbank)のアドレスは、携帯解約をすると利用できなくなるのでフリーアドレス(Gmail、Yahoo!メール)を利用することをおすすめします。

ちなみに複数口座を使い分けたい場合は、XM Tradingのマイページから簡単に追加口座開設ができます。

別のメールアドレスを使って複数アカウントを作成することは、利用規約で禁止されているので注意しましょう。

最悪の場合、出金拒否や口座凍結などのペナルティを受けることもあるため絶対にしてはいけません。

プラットフォームと口座タイプは後から変更できない

XM Tradingでは口座開設するときに「取引プラットフォーム」と「口座タイプ」を選びますが、後から変更ができません。

取引プラットフォーム 口座タイプ
・MT4
・MT5
・スタンダード口座
・ゼロ口座
・マイクロ口座
・KIWAMI極口座

プラットフォーム(MT4/MT5)に関してはどちらを選んでも大きな差はないですが、口座タイプはボーナスがもらえる・取引コストが異なるなど、口座ごとに大きく異なります。

ただし、追加口座開設は最大8個まで作れるので、迷ったらスタンダード口座がおすすめです。

スタンダード口座は全てのボーナスがもらえて基本スペックが揃っているので、資金が少ない人や口座タイプを迷っている人におすすめです。

簡単な口座タイプの特徴を以下にまとめたので、口座選びの参考にしてください。

口座タイプ 特徴 おすすめな人
スタンダード口座 ・XM Tradingで開設率1位
・全ボーナスがもらえる
・トレード初心者
・口座選択に迷った人
ゼロ口座 ・スプレッドが最も狭い
・プラススワップがもらえる
・取引手数料がかかる
・数週間単位のトレードが多い人
・低コストとスワップを両立したい人
マイクロ口座 ・最小10通貨(1万円以下)から取引できる ・少額投資をしたい人
KIWAI極口座 ・取引コストが最も少ない
・ボーナス対象外
・スキャルピング、ディトレーダー

個人情報は本人確認書類と同じ内容を入力する

口座開設するときの個人情報の入力は、後ほど提出する本人確認書類と同じ必要があります。

たとえば住所が少しでも異なると再提出を求められるため、同じように記載すると間違いがありません。

ちなみに住所を入力しても自宅に郵送物が届くことはないです。

口座有効化をしないと入金・取引はできない

「口座有効化=本人確認を提出」しないと入金・取引はできないので注意しましょう。

忘れてしまうと入金反映されないといったトラブルになるため、口座開設の流れでそのまま本人確認書類を提出して手続きを進めてしまうことをおすすめします。

口座開設ボーナスは申請が必要

XM Tradingでは口座開設をするだけで13,000円分のボーナスがもらえますが、口座開設から30日以内に自分で申請しなければなりません。

申請自体は口座開設後の会員ページから請求するだけでできるので、忘れずに申請しましょう。

XM Tradingの口座開設に必要な書類の準備

XM Tradingの口座開設をするには、「身分証明書」「住所証明書類」の2つが必要です。

(例)
①運転免許証(身分証明書)+健康保険証(住所確認書)
②運転免許証(身分証明書)+マイナンバーカード(住所確認書)

なお、身分証明書と住所確認書類で使える書類は以下の通りです。

身分証明書 住所確認書類
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・運転免許証
・住民票
・公共料金の請求書/明細書
(ガス、電気、水道、携帯電話、インターネットなど)
・銀行口座の取引明細書
・クレジットカードの利用明細書
・確定拠出年金の掛金払込証明書
・年金加入確認通知書
・国民年金保険料控除証明書
・国民年金証書
・国民健康保険証(発行日が過去3か月以内のもの)
・公的機関が発行した税金の請求書・通知書・領収書
・有効な国際運転免許証(発給日より1年以内のもの)

利用できる書類は、基本的に以下の条件をクリアしているものです。

  • 有効期限があるものは、有効期限内の書類かどうか
  • 氏名、現住所、発行元、書類内容が読み取れるもの(破れているなどはNG)

なお、公共料金の請求書・明細書はあくまで「部屋の契約者名」「住所」といった内容が入っているもののみが有効です。
部屋番号と集合住宅名のみ記載している書類は認められないので、注意しましょう。

また、確定拠出年金の掛金払込証明書や年金加入確認通知書は、発行元が銀行もしくは国民年金基金連合のものが対象です。

XM Tradingの口座開設の手順

XM Tradingの口座開設をする手順を開設します。
簡単4ステップで登録可能なので、新規口座開設をしてXMで取引を始めてみてください。

①アカウント登録

まずは、アカウントの登録を行いましょう。
登録はパソコン、スマホ、XMアプリのどこからでも可能です。
パソコンから登録する場合は、XM Trading公式サイトの「リアル口座開設」から進めてください。

①アカウント登録

登録フォームに進んだら、個人情報を入力していきます。


今なら口座開設ボーナスが通常3,000円のところ、15,000円まで増額中です!
この機会にぜひお得に始めてみてください。

②プロフィール認証

個人情報を入力したあと、登録したメールアドレスに「ログイン用情報」が届くので、URLからXM公式サイトにアクセスします。

登録したメールアドレスとパスワードでログインし、プロフィール認証を完了させましょう。

  • リアル/デモ口座の選択
  • 口座開設用の必要情報
  • 投資経歴
  • 取引プラットフォーム・口座タイプの選択
  • パスワード

③口座の有効化

プロフィール認証が完了したら、口座の有効化のために本人確認書類を提出しましょう。
先述した「身分証明書+住所確認証明書」をアップロードして完了です。

書類が「受領済み」になったら、審査結果が出るまで待ちます。
審査結果は数日かかり、メールで「審査結果完了メール」が届きます。

④入金して取引開始

審査完了メールが届いたら、いよいよ取引ができる準備が整いました。
入金をして取引をスタートしましょう。

XM Tradingの口座開設をするなら注意点をよく理解しておこう:まとめ

XM Tradingは日本語のサポートがしっかりしていることや、豪華なボーナスキャンペーンで人気を集めている海外FX業者です。

必要書類も少なくオンライン上ですべて完結できるので、手間や難しい操作は必要ないのも登録しやすく人気の理由です。

しかし、後から取返しがつかない「取引プラットフォーム」や「口座開設ボーナスの受け取り期限」は事前によく理解して対応することが重要です。

  • 取引プラットフォーム&口座タイプ:後から変更ができない
  • 口座開設ボーナスの受け取り:30日以内の申請が必要
  • 1人につき1メールアドレス(1アカウント):複数登録すると利用規約違反となり、最悪入金拒否や口座凍結する可能性も

注意点さえおさえておけば、何も問題はありません。
この記事を参考に、XM Tradingで口座開設して取引を始めてみてください。