AXIORYの最新クチコミ&評価

「AXIORYの最新クチコミ&評価」のアイキャッチ画像

透明性と安全性を売りにお客様との長期的な関係性を築き上げる「AXIORY」。2011年の運営スタートからすでに10年以上の実績を誇り、ベリーズの金融ライセンスを保有するこの海外FX業者は、常にお客様に有利となる環境で取引してもらえるようなサービスを行い続けています。

AXIORYはボーナスが期待できないものの、取引環境についてはかなり高い評価を得ています。そのため、海外FXを始めてスタートさせるのに適している業者のひとつとしておすすめできます。とはいえ、どんな業者にも良い側面と悪い側面双方あるものです。

そんなAXIORYは巷でどのような評価・評判を得ているのでしょうか?ここではAXIORYのクチコミ情報をピックアップし、多くの人がどのようにAXIORYを見ているのか、とはいえ実情はどうなのかについて紹介していきます。

AXIORYの高評価クチコミ

安心の日本語サポート

日本語サポートがしっかりしている海外FX業者は意外と少ないのが現実です。「日本語公式サイトがあるから日本語は大丈夫だろう」「日本人スタッフが関係しているに違いない」と思っても、大半の海外FX業者の公式ホームページは翻訳ソフトを使って日本語化しただけのひどいものだったりします。サポートに関しても、裏側に日本人スタッフがおらず英語での対応となってしまうこともあるようです。

その点、AXIORYは日本人スタッフがおりにメールも日本語で返信対応。公式ホームページの日本語も読みにくさがありません。

資金管理方法が信託保全の海外FX業者

AXIORYの資金管理は海外FXで一般的な分別管理でなく信託保全が採られています。信託保全とは、資産の保全を目的として特定の財産を信託会社などの信託受託者に預け、運用や管理を依頼する制度です。一方で分別管理は、トレーダー資産と運営会社の資金を運営会社自体が区別して管理することを分別管理と言います。分別管理の場合、運営会社が万が一倒産した場合に顧客資金が返金される可能性が少ないものの、信託保全の場合は返金保証があるため安全だと言われています。

国内FXの場合は信託保全が一般的ですが、海外FXの場合は信託保全のほうが珍しく、その分、信託保全を行っているFX業者は非常に安全性の高い業者であることが見て取れます。

取引プラットフォームにcTraderが利用可能

海外FXの取引プラットフォームといえはMT4やMT5が有名ですが、スキャルピングトレーダーやデイトレーダーに人気なのがcTraderです。高速で安定した注文執行を実現しており、トレーダーが市場の変動に迅速に対応できるようサポート。高頻度取引を行うトレーダーにとって有利なプラットフォームとなっています。

cTraderはプラットフォームとしては比較的マイナーなもので、利用可能な海外FX業者はそれほど多くありません。ただcTraderは使いやすいユーザーインターフェースを持ち、初心者から経験豊富なトレーダーまで幅広いユーザーに対応しています。視覚的に分かりやすく操作も簡単です。

また、高度なチャート機能を持つcTraderは多様なチャートツールを提供しており、複数の時間枠やテクニカルインジケーターを利用することができます。そのため、トレーダーはカスタマイズ可能なチャートを使って市場分析を行うことができます。

業界でも最高水準の狭スプレッド口座あり

AXIORYは業界トップクラスのスプレッドが売りの海外FX業者。USDJPYのスプレッドはスタンダード口座で1.3pips程度、ナノ口座・テラ口座で0.3pips程度を実現しています。スタンダードは取引手数料もないため、他の海外FX業者と比べると取引コストが少なくて済むのは魅力的です。

一般的には、スタンダード口座はスプレッドが広めなものの手数料は無料に、狭スプレッド口座(AXIORYの場合はナノ口座・テラ口座)はスプレッドが狭い分、手数料がかかります(1ロットあたりの手数料は往復6USD)。

安心感・安定感の高い海外FX業者

海外FXで開設する決め手となるのは安心感。先ほどの日本語サポートなどは安心材料となりますが、急に出金拒否が起きたり倒産するといったリスクがないことが口座開設には欠かせません。

AXIORYの低評価クチコミ

入出金時の手数料が高い

AXIORYは入金手数料が高いのが特徴の海外FX業者です。入出金額が20,000円以上であれば手数料は無料ですが、それ以下の場合には1回1,000円の手数料がかかります。利益の額によっては利益が飛んでしまいかねませんので、入出金の際には額面に気を付けて対応を行うようにしましょう。

常設ボーナスがない

AXIORYは常時行われているボーナスがありません。ただし、不定期で行われるボーナスをたまに見かけます。2024年お正月に行われていた入金ボーナス「AXIORYドラゴンと運試し!お年玉ボーナスキャンペーン2024」はかなり好評だった模様です。

  • お年玉ボーナスに「損失カバー機能」が復活!
  • 取引とSNS投稿で抽選チケットを獲得 総額500万円の残高を当てよう!
  • 最大35,000JPYまで入金ボーナスは何度でも獲得可能!

特に損失カバー機能は取引で発生した損失を補填してくれるもので、一般的にはクッション機能と呼ばれるものです。クッション機能はボーナスを証拠金に組み込むことができるボーナスのため、証拠金維持率を高く保っておくことができ、ロスカットされる危険性を低減できる点が利点となります。

これまでAXIORYはクッション機能がない業者だと謡われてきましたが、今後同様のボーナスが展開される際にもこの「損失カバー機能」のあるボーナスを期待したいものです(次回は行われないかもしれません)。

取引手数料も高い

https://x.com/ns24md5/status/1433578894003617802

AXIORYは取引手数料が少し高めです。ナノ/テラ口座の場合はスプレッドが狭い分手数料がかかりますが、通貨ペア1注文あたりの取引手数料は次の表のようにかかってきます。

取引注文数 通貨表記 取引手数料
0.01ロットの買い注文 1,000通貨 0.03ドル
0.1ロットの買い注文 10,000通貨 0.30ドル
0.5ロットの買い注文 50,000通貨 1.50ドル
1ロットの買い注文 100,000通貨 3.00ドル
10ロットの買い注文 1,000,000通貨 30.00ドル

海外FXにおけるスプレッドと取引手数料はトレーダーのコストとして大きく響くものですから、手数料なしにトレードを行いたい場合にはスタンダード口座を、そうでない場合には別の業者を模索する必要があります。