海外FX業者のFBSはあの三井グループが運営している?

「海外FX業者のFBSはあの三井グループが運営している?」のアイキャッチ画像

海外FX業者FBSは「三井マーケット株式会社」が運営していることから、三井グループなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、FBSが運営するのは三井グループではありません。
しかし、FBSは150ヶ国以上の拠点や2,300万人以上のトレーダーが利用する国際的にも信頼できる業者と言えます。

そこで、今回は海外FX業者FBSの特徴や利用するメリットについて具体的に解説します。

海外FX業者FBSは三井グループではない

海外FX業者FBSの概要
運営会社 Mitsui Markets Ltd.(三井マーケット株式会社)
設立 2009年
住所 133 Santina Parade, Elluk, Port Vila, Efate, Vanuatu
金融ライセンス キプロス証券取引委員会(CySEC)、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

結論から言うと海外FX業者であるFBSは、三井グループではないようです。

なぜ三井グループかと言われるかというと運営会社の名前に「三井」がついているからですが、三井グループを調査したところMitsui Markets Ltd.(三井マーケット株式会社)がグループ会社という証拠が見つかりませんでした。

とはいえ、FBSは150ヶ国以上に拠点があり2,300万人以上のトレーダーに利用されている国際的にも信頼があるFX業者には変わりありません。

2023年には「Best Trading Account for Beginners 2023(初心者向けベスト取引口座)」「Best Financial Broker of 2022-2023(2022~2023年のベスト金融ブローカー)」を受賞しているほか、今までに70種類を超える受賞歴を持っています。

また、バヌアツやキプロスの金融ライセンスを保有していることもあり、安全・信頼できる企業と言えるでしょう。

FBSで利用できる口座

2024年現在、FBSで提供されているのはスタンダード口座です。
以前は7種類ありましたが、現在は1種類のみしか利用できません。

FBSのスタンダード口座
最低入金額 1ドル
取引手数料 無料
最低レバレッジ 3,000倍
取引形式 STP
スプレッド 1.2pips~1.4pips
最小取引数量 0.01ロット
銘柄数 185種類
プラットフォーム MT4

MT5

FBSTrader

ボーナス 対象

スタンダード口座は、最大3,000倍のレバレッジまで取引可能です。
そのため、スタンダード口座では1ドルの少額投資から大きな利益を狙えるのが特徴と言えるでしょう。

また、株式や株価指数、FX通貨ペア、金属など全部で185銘柄を扱えます。

FBSの入金・出金方法

FBSの入金・出金方法を確認していきましょう。

FBSの入金方法

FBSへの入金方法として、以下の4つがあります。

入金方法 手数料 反映時間 最低入金額 入金上限額
クレジットカード
(JCB)
なし 即時 5ユーロ 50,000ユーロ
Bitwallet なし 即時 3ドル 上限なし
STICPAY 入金額の2.5%+0.3ドル 即時 5ドル 上限なし
Bitcoin 入金額の2% 15分~20分 1ドル 0.01ドル

他の海外FX業者と比較しても最低入金額は低いため、初心者から少額から始めたいトレーダーまで幅広くおすすめできるでしょう。

FBSの出金方法

FBSの出金方法として、以下の5つがあります。

入金方法 手数料 反映時間 最低入金額 入金上限額
クレジットカード
(JCB)
1ユーロ 5日~7日 2ユーロ 30,000ユーロ
Bitwallet 出金額の1% 15分~20分 1ドル 上限なし
STICPAY 入金額の2.5%+0.3ドル 15分~20分 3ドル 50,000ドル
Bitcoin 入金額の1%+1ドル 15分~20分 20ドル 99,999,999ドル
Apple Pay 0.5ユーロ 5日~7日 1ドル 50,000ドル

注意点としては、クレジットカードで出金できるのは入金額と同額まで、利益分の出金はできない点です。

中には出金トラブルの口コミもありますが、クレジットカードで入金額以上の出金を試みているケースもあったので、気を付けましょう。

おすすめは「Bitwallet」で、手数料が低く反映時間も短く利用しやすい方法です。

FBSのメリット

FBSのメリットを見ていきましょう。
最大3,000倍のハイレバレッジを利用できる
FBSのメリットとして、最大3,000倍のハイレバレッジを利用できることが挙げられます。

国内FXのレバレッジが金融庁の規制により最大25倍と比較しても、高いレバレッジをきかせられるのが海外FXの魅力と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな海外FXのなかでも、レバレッジが最大3,000倍利用できる業者は少なく魅力的な取引環境と言えるでしょう。

個別株取引ができる

FBSは、海外FXではめずらしい個別株を扱っている業者です。
たとえば大手のAmazon、Googleを含めて66銘柄あり、最大レバレッジ100倍で取引ができます。

そのため、海外FXのハイレバレッジを利用して個別株取引を利用したい人にもおすすめです。

ドル円・ユーロドルのスプレッドの狭さが魅力

FBSは、ドル円・ユーロドルのスプレッドが狭く日本人の取引に適した環境と言えます。
FBSと有名な海外FX業者のドル円スプレッドの比較は以下の通り。

海外FX業者 FBS XM FXGT
ドル円
(USD/JPY)
1.1pips 1.8pips 1.8pips
ユーロドル
(EUR/USD)
0.9pips 1.6pips 1.6pips

どちらの通貨も日本人トレーダーが利用しやすい通貨ペアのため、主要通貨ペアの取引をしたい人にもおすすめです。

NDD方式を採用しているので透明性が高い

FBSのメリットとして、NDD方式を採用していることも挙げられます。

NDD方式は、ノン・ディーリングデスク(None Dealing Desk)の略で、トレーダーがインターバンクから直接購入する注文方法です。

業者を介さないことで希望通りの価格で注文が通るため、透明性の高い取引環境を利用できます。

FBSを利用する注意点

最大3,000倍のレバレッジが魅力のFBSですが、利用には注意点もあります。
まとめると、「初心者よりも取引経験豊富な上級者向け」なので、初心者にはハードルが高いかもしれません。

具体的な注意点について見ていきましょう。

FBSのボーナスは上級者向け

FBSは常時魅力的な入金ボーナスキャンペーンを開催していますが、取引や出金条件が難しくボーナス目的の人には使い勝手がいいとは言えません。

海外FXのボーナスの魅力といえば証拠金としてボーナス金を利用できることが挙げられますが、FBSは利用することができないのです。

いわゆる「クッション機能」とも言われるものですが、クッション機能がない代わりに条件を満たせば出金できるというメリットもあります。

つまり初心者は利用しづらいものの、取引経験が多くボーナス金をおまけとして考える上級者に合う仕組みと言えます。

日本語対応しているが機械翻訳でわかりづらい

サイトや取引など、基本的に日本語対応しているものの機械翻訳なのでわかりづらいというデメリットがあります。

またサポートは英語対応のみなので、ある程度英語が理解できるほうが利用するには安心と言えるでしょう。

FBSは三井グループではないものの信頼できる業者:まとめ

今回は海外FX業者、FBSについて特徴やメリットについて解説しました。

FBSは三井グループではありませんが、70以上の受賞経験があることから信頼できる業者と言えるでしょう。

完全日本語対応していないことやボーナスの条件が厳しいなどデメリットもありますが、海外FX上級者にとってはさほど悪影響はないと言えるでしょう。

それよりも最大3,000倍のレバレッジを利用できること、ドル円やユーロドルのスプレッドの狭さから頻繁に取引をする上級者にこそおすすめな業者です。