タイトルイメージキッズペンション ぶるーすはーぷ・・・長野・黒姫
本文へジャンプ
黒姫でゲレンデパウダーしませんか!
北斜コース、ちょっと重めの雪でスキーを踏みつけ浮き上がってきた時に、右腰右肩をふりこみながらスキーを回しこんでいます。1月中旬より2月中旬くらいまでは、ぶるーすパパもママも居候君たちも黒姫高原スノーパーク内での、お手軽ゲレンデパウダーを思う存分楽しんでおります。天然雪ゲレンデの特権!あの浮遊感と爽快感を手軽に楽しめるポイントが、黒姫高原スノーパーク内にはちょっとだけ?たくさんございます。
 平日などは、毎日のように滑っておりますので一緒にどうですかー!今のところ、ゲレンデの端やコースの間など、滑れる箇所は限られておりますが、板を担いで重装備での深雪滑降はちょっと苦手の、パウダー初級者の私たちにはもってこいの楽しみ方です。平らなバーンでカービングスキーを履けばカービングするのは当たり前、そんな滑りに飽きたら手軽なオフピステでちょっとスタンスを狭めて転びまくりましょう

黒姫ちょっとだけパウダー情報

北斜下部は腰くらいの深雪、ママ絶好調ー!パパに新しい板買ってやってくださーい。パウダー初級者から見たコース難易度情報
難易度小・・・◆
難易度中・・・◆
難易度大・・・◆







@・・第2ペアリフト白樺コースは、圧雪車によりきれいに整備されているのですが、上部よりリフト際に竹ポールで囲まれている幅5〜10m位のパウダーゾーン、朝一でパトロールの方が危険箇所チェックのため滑走ラインが1本つぶされております。、端から丁寧につぶせば後4本はいけます。◆パパママ第2リフトで、次どこ行こうかと作戦練り中
A・・第2ペアリフト白樺コースを少し下り、左側コスモスコースとの分岐より圧雪部分と林との間に幅5mほどのパウダーゾーン左側林もありプレッシャーがかかりますが、ゲレンデ下部からもよく見え、目立ち度100%最大25度◆
B・・第2ペアリフトレルヒコースの第6リフト小屋から50m程下りた左側、左側林に気をつけて調子良く下りていくとレルヒコース急斜面がいきなりコブコブなんてことも、うまくすればそのまま第5リフト小屋まで、北斜面で雪質も良い。最大28度◆
C・・第2ペアリフト白樺コースとレルヒコースとの分かれ目からコスモスコースが始まります。こちらもオフピステの急斜面で扇型になってますので、下部に行くほどフカフカバーンとなりますが、残念ながら150m程で、第5リフト上部から、第2リフトへの抜け道が横断しており、途中ロープがありますので、くぐらないようにして第2白樺コース方面へ。通称北斜コース最大33度◆わんぱくコース北側、この後急に平ら部分に落ち込み転倒、いつものことです。(~o~)
D・・第1クワッドリフト下り場を右側に出てコスモスコースへ、夏場の展望ポイント(望湖台)下がすり鉢状になったパウダーポイント、風の強い日は@〜Cは新雪が吹き飛ばされ硬くなっている時等、北側林のおかげで意外と雪の吹き溜まりとなり、ここだけフカフカの日もあります。下部右からの合流ありロープあり注意。(ぶるーすはーぷでは、わんぱくコースと呼んでいます。)最大33度◆
E・・コスモス(わんぱくコース)を出てすぐ左斜め上へ駆け上がりレルヒ下部の土手部分を滑りそのまま左折れしレルヒコースへ、レルヒコースを横断し、左側谷側をコース沿いに、第3リフト沿い右側を100m程行くとクワッドリフト側に右折れしコース沿いのオフピステへ、(うちの息子が良く通っているコース外で、小僧コースと呼んでますが、いちぶには、そうまでして新雪行きたいのかーとあきれられていますが・・・。)◆上記わんぱくコースから小僧コースへ、つなげてわんぱく小僧コースとネーミング^_^;
F・・第5リフト、レルヒコースは無圧雪で新雪コブになっていたりします。右端にパウダーが残っていることもありますが、少し重めの感じです。大会などがない限りは、基本的にオフピステ状態で、新雪コブや、ゆるい斜面に不規則な深いコブなど、結構手ごわい時もあります。◆時々◆
G・・第Eこめつがコースはリフトが現在休止中ですが、第2リフト下り場にある登山者カードに記入してお楽しみください。◆

北斜で、構えをいつもより上にして滑り出します。「パウダーサイコー!」が口癖になってたりします。(どっかの宗教団体みたい・・・)
雪降りなんて気にしない、極上パウダースキーイング、こんな日に滑らないなんて信じられない。 スキーマテリアルは
パパ(身長180p)・・・K2エネミー173p ストック115p(63.9%)
ママ(身長158p)・・・K2エネミー163p ストック105p(66.5%)

ママは絶好調!パパは板の短くて浮力が足りず、苦労するも何とかテクニックでカバー(^^ゞ
ストック新雪では、120p(66.7%)が使いやすかったのですが、コブ対策用に115pのものに買い替え、コブは絶好調!長さを変えれる、伸縮タイプがいいのかもしれません。

《ご注意》ゲレンデパウダーといっても、林沿いで立ち木等がありコースも急に細くなっていたりと、危険が伴います。あくまでも自己責任においての滑走となり、ましてや滑走禁止のリフト下を滑ったり、コースを規制してあるロープをくぐったり等のマナー違反は、事故の元となりコース閉鎖や規制が増え、楽しさが半減してしまいますのでくれぐれもこの先も長く楽しめるよう皆さんでご協力ください。
※写真をポイントすると詳しい説明が表示されます。

お問い合わせご相談は、E-mail もしくはお電話でお気軽にどうぞ

キッズペンション 
ぶるーすはーぷ

電話・FAX:026-255-6541
IP電話:050-5552-2306
mail :pension@blues-harp.jp
URL http://blues-harp.jp/